中国31省・区・市の10月のCPI発表

 中国の31の省・自治区・直轄市の消費者物価指数(CPI)上昇率がこのほど発表された。それによると21の省・自治区・直轄市のCPIが全国平均の上昇率(前月比2.1%)を下回った。上海と海南の上昇率が3.4%で最も高く、広西の上昇率が0.9%で最も低かった。
 注目すべきなのは、海南の上昇率が「3%時代」に突入したことで、これまで全国で3%を超えていたのは上海だけだった。陝西もこれまでの1%以下の状況に別れを告げ、9月の0.3%から10月には1.5%へと上昇率が大幅に拡大した。
 国家統計局の毛盛勇報道官は、「現在、中国のCPIは全体として緩やかに上昇している。今後も緩やかな上昇が続くだろう。今後、インフレの圧力がどの程度上昇するか定かではないが、CPIの上昇率はコントロール可能な水準にある」と語った。
(11月17日 中国網)