ジャッキー・チェンがアカデミー名誉賞受賞

 アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーが11月12日、ロサンゼルスで第8回ガバナーズ賞授賞式を開き、中国のアクションスターであるジャッキー・チェンがアカデミー名誉賞を受賞した。ジャッキーは華人では初めての同賞受賞者となった。
 当日の夜、ジャッキーは黒の長い中国服に身を包んで式典に登場し、『ラッシュアワー』シリーズで共演したクリス・タッカーからトロフィーを受け取った。同じアクションスターのシルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーらも祝福した。
 ジャッキーは「1人の中国人として、私はこの受賞を誇りに思う。映画の世界に身を置いて56年、200本を超える映画に出演して、この日の受賞にたどり着いた。夢が現実になった」と語った。
 ジャッキーは1971年に映画界に入り、映画に多大な貢献をしてきた。『レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』『スネーキーモンキー蛇拳』『酔拳』『ヤングマスター師弟出馬』などの映画を通じて、中国カンフーの喜劇映画を切り開いた。1995年には『レッド・ブロンクス』でハリウッドに本格的に進出し、3年後に主演した『ラッシュアワー』でハリウッドのスターの地位を確立した。
(11月14日 新華網)