上海マラソンに3万8000人 TARCのメンバーも力走

 10月30日、上海の秋のビッグイベントとなった上海国際マラソンが開かれ、86の国と地域から参加した3万8000人のランナーが上海の中心市街地を駆け抜けた。今年の上海国際マラソンは昨年の11月上旬開催から10月下旬開催となった。当日は曇り空ながら、マラソンに適した気温となり、参加者はフルマラソン、ハーフマラソン、10キロ、健康マラソンの4つの部門で健脚を競った。上海最大の日本人ランニングクラブ「TARC」のメンバーも約80人が参加し、ほとんどのメンバーが完走した。
 
TARC(チームアジア上海ランナーズクラブ)
(E)tarc_kaiinbu@yahoo.co.jp


上海国際マラソンに参加したTARCのメンバー
 

スタート直後の先頭集団
 

スタート地点は上海有数の観光地である外灘。租界時代から残る建物の前をランナーが駆け抜ける
 

すべての部門が一斉にスタートするので、ランナーの群れが延々と続く